薬疹

定義

内服または局所に使用した医薬品によって起こる、好ましくない皮膚反応。薬疹は、すべての薬剤による皮膚反応のうち最も多い。しょう紅熱型、はしか型または麻疹型、あるいは小丘疹から成る。大きい斑、連環状または旋回状紅斑ならびに網状発疹を認める薬疹はまれである。いわゆる固定薬疹は、薬剤を服用した毎に、同一部位に発現する。急性変化は、淡暗赤色または褐色を呈する、境界が鮮明な紅斑および浮腫である。また、水疱が生じることがある。薬剤投与後に湿疹がさらに広がることがある。一連の抗痙攣薬は偽リンパ腫を誘発することがある。典型的所見は発熱、全身性皮疹およびリンパ節腫脹である。他の型は、蕁麻疹様紅斑型および滲出性紅斑型である。薬剤によるライエル症候群は、滲出性紅斑型薬疹の最も重症型とみなされる。

同義語

薬疹

イメージ

5 Bilder für diese Diagnose
部位: 大腿, 診断: 薬疹 部位: 全身の外観, 診断: 薬疹 部位: 背部, 診断: 薬疹 部位: 背部, 診断: 薬疹 診断: 薬疹

関連情報

鑑別診断

(7)Darier遠心性環状紅斑 (26)Majocchi環状紫斑病 (8)Sneddon-Wilkinson症候群 (5)Zumbusch型膿疱性乾癬 (16)しょう紅熱 (2)じんま疹 (20)じんま疹-血管炎 (9)アトピー性湿疹 (193)アレルギー性血管炎 (98)ウイルス性発疹 (18)クインケ水腫 (5)ジェスナー-カノフリンパ球浸潤 (13)スウィート症候群 (65)スティーブンス-ジョンソン症候群 (65)セザリー症候群 (15)バラ色粃糠疹 (17)マイナー型多形性滲出性紅斑 (47)ライエル症候群 (36)亜急性皮膚エリテマトーデス (61)伝染性紅斑 (13)偽性リンパ腫(その他の型) (11)先天性梅毒 (1)先天性表皮水疱症 (54)免疫複合体型アレルギー (1)内臓エリテマトーデス (33)凍傷状狼瘡 (9)分枝状皮斑 (41)大水疱性伝染性膿痂疹 (16)好酸球性蜂巣炎 (5)尋常性天疱瘡 (67)後天性表皮水疱症 (13)急性HIV感染症 (12)急性痘瘡状苔癬状粃糠疹(Mucha-Habermann) (13)慢性皮膚対宿主移植片反応 (6)慢性苔癬状粃糠疹 (25)扁平紅色苔癬 (102)毛孔性紅色粃糠疹 (44)水疱性類天疱瘡 (94)水疱状妊娠性疱疹 (23)湿疹様紫斑病(Doucas Kapetanakis) (1)疥癬 (45)疱疹状膿痂疹 (6)突発性発疹 (2)第二期梅毒 (51)結節性紅斑 (39)線状IgA皮膚症 (4)菌状息肉腫 (104)落葉状天疱瘡 (19)進行性着色性紫斑病 (18)風疹 (1)麻疹 (10)黄色苔癬 (6)