母斑細胞性母斑

定義

母斑細胞性母斑は、母斑細胞が限局性に増加して起こる、良性のメラニン細胞の病変である。既に出生時に存在するか、出生後に発生する。斑状、丘疹状または乳頭状の様々な強さの色素沈着の皮膚変化として認められ、組織学的に表皮内と真皮内またはそのいずれかに母斑細胞巣の集簇が確認される。まず、真皮表皮接合部の表皮内で母斑細胞の増殖が開始することから、初期の母斑細胞性母斑は境界母斑とも呼ばれる。時間の経過とともに、母斑細胞は真皮内に「滴り落ちる」。母斑細胞の集簇が真皮内のみで見られる場合、この母斑は真皮母斑と呼ばれる。接合部および真皮内に母斑細胞が存在する場合、その母斑は複合母斑と呼ばれる。

同義語

母斑細胞性母斑, 母斑

イメージ

21 この診断のために見つかった画像
部位: 顔面, 診断: 母斑細胞性母斑 部位: 爪周囲(爪), 診断: 母斑細胞性母斑 部位: 下肢, 診断: 母斑細胞性母斑 診断: 母斑細胞性母斑 部位: 足指, 診断: 母斑細胞性母斑 部位: 耳介前方, 診断: 母斑細胞性母斑 部位: 足, 診断: 母斑細胞性母斑 部位: 足指, 診断: 母斑細胞性母斑 診断: 母斑細胞性母斑 診断: 母斑細胞性母斑 診断: 母斑細胞性母斑 診断: 母斑細胞性母斑 診断: カフェ・オ・レ斑 診断: 母斑細胞性母斑 診断: 母斑細胞性母斑 診断: 母斑細胞性母斑 診断: カフェ・オ・レ斑 診断: 母斑細胞性母斑 診断: 母斑細胞性母斑 診断: 母斑細胞性母斑 診断: 母斑細胞性母斑