尋常性ゆうぜい

定義

パポバウイルス群のヒト乳頭種ウイルスの感染による、良性の上皮過形成。初期のゆうぜいは通常、円形で肌色および帽針頭大である。経過とともに、大きい帯黄帯褐色または灰黒色の乳頭状表面をもつ病変に成長する。ゆうぜいは、皮膚接触によって伝播する。局部の小さい傷がウイルスの侵入を促進するため、ほとんどのゆうぜいは、指、手、肘および足底に発生する。すべての年齢で発現するが、小児および若年者に発現することが多い。

同義語

尋常性ゆうぜい, いぼ

イメージ

20 この診断のために見つかった画像
部位: 足底, 診断: 尋常性ゆうぜい 診断: 尋常性ゆうぜい 診断: 尋常性ゆうぜい 診断: 尋常性ゆうぜい 診断: 尋常性ゆうぜい 診断: 尋常性ゆうぜい 診断: 尋常性ゆうぜい 診断: 尋常性ゆうぜい 診断: 尋常性ゆうぜい 診断: 尋常性ゆうぜい 診断: 尋常性ゆうぜい 診断: 尋常性ゆうぜい 診断: 尋常性ゆうぜい 診断: 尋常性ゆうぜい 診断: 尋常性ゆうぜい 診断: 尋常性ゆうぜい 診断: 尋常性ゆうぜい 診断: 尋常性ゆうぜい 診断: 尋常性ゆうぜい 診断: 凍瘡状狼瘡