円板状エリテマトーデス

定義

特に顔面皮膚を侵す、皮膚エリテマトーデスの慢性型。その際、様々な大きさの、境界が鮮明な、鱗屑性、浸潤性の発疹が生じ、さらに、この発疹は萎縮、瘢痕化および色素変化を伴って治癒する傾向がある。特徴は、毛包性角化症(画鋲様となっている角栓)および病巣部の感覚脱失である。疾患の始まりは、ストレス、外傷、日焼けまたは寒冷によって促進される。内臓は通常侵されないが、当然のことながら、ごく一部は全身性エリテマトーデスに進行する。約半数の患者において認められる血中の自己抗体は、自己免疫疾患を示唆している。特に若年の成人が罹患する。

同義語

円板状エリテマトーデス

イメージ

3 この診断のために見つかった画像
診断: 円板状エリテマトーデス 診断: 円板状エリテマトーデス 診断: 円板状エリテマトーデス