白斑

定義

先天性または後天性に生じる、限局性に色素が脱失または減少した皮膚部位を白斑という。治癒した湿疹または乾癬病巣などの、一連の原因が考えられる。梅毒性または特異性白斑とは、多くの場合、梅毒Ⅱ期の患者の側頚部にみられる残留性、斑状の色素減少をいう。原因として、ヒドロキノンモノベンジル酸エーテルまたは殺菌性フェノール液のようなヒドロキノン誘導体と接触した後に白斑が生じる。

同義語

白斑

イメージ

1 Bilder für diese Diagnose
部位: 背部, 診断: 白斑