(主に大斑点型の)尋常性乾癬

定義

この型の尋常性乾癬では、皮膚変化は小さく細かい鱗屑で覆われた帯赤色の丘疹として始まる。丘疹は、直径数cmの局面にまで成長する。局面は、まず、中心が治癒し、このため、環状、弓形または連環状の病巣が形成される。好発部位は、膝、肘、頭部および腰仙部である。

同義語

(主に大斑点型の)尋常性乾癬, 大斑点型乾癬

イメージ

5 この診断のために見つかった画像
部位: 背部, 診断: 白斑 部位: 背部, 診断: (主に大斑点型の)尋常性乾癬 部位: 背部, 診断: (主に大斑点型の)尋常性乾癬