コーチゾン障害

定義

局所グルココルチコイドの好ましくない作用は、その効力および使用期間に依存する。局所副作用として、線条、顔面紅斑、ステロイド痤瘡、口周の皮膚炎および毛細血管拡張が生じる。さらに、創傷治癒が遅延する。皮膚萎縮が起こり、重複感染(例えば、真菌感染)が起こることもある。

同義語

コーチゾン障害, ステロイド障害

イメージ

17 Bilder für diese Diagnose
部位: 前腕, 診断: コーチゾン障害 部位: 首, 後頸部, 診断: コーチゾン障害 部位: 前腕, 診断: コーチゾン障害 部位: 大腿, 診断: コーチゾン障害 部位: 頬部, 診断: コーチゾン障害 部位: 腕, 診断: コーチゾン障害 部位: 眼周囲, 診断: コーチゾン障害 部位: 頬部, 診断: コーチゾン障害 部位: 顎, 診断: コーチゾン障害 部位: 口周囲, 眼周囲, 診断: コーチゾン障害 部位: 眼周囲, 診断: コーチゾン障害 部位: 顔面, 口周囲, 眼周囲, 鼻唇溝, 診断: コーチゾン障害 部位: 口周囲, 診断: コーチゾン障害 診断: コーチゾン障害 診断: コーチゾン障害 部位: 側腹部, 部位: 側腹部, 診断: コーチゾン障害