クリッペル-トルノネー-パークス-ウェーバー症候群

定義

クリッペル-ウェーバー症候群は、片側の炎症性母斑、結合組織と骨境界部の過剰成長および原発性静脈瘤からなる典型的な三徴候を伴う、血管疾患である。ある程度の数の合併症(動静脈吻合症など)が起こりうる。本疾患は通常、出生時または幼児期に認められる。

同義語

クリッペル-トルノネー-パークス-ウェーバー症候群, 血管拡張症

イメージ

5 Bilder für diese Diagnose
部位: 指, 診断: クリッペル-トルノネー-パークス-ウェーバー症候群 診断: クリッペル-トルノネー-パークス-ウェーバー症候群 部位: 大腿, 診断: クリッペル-トルノネー-パークス-ウェーバー症候群 部位: 下腿, 診断: クリッペル-トルノネー-パークス-ウェーバー症候群 部位: 下肢, 診断: クリッペル-トルノネー-パークス-ウェーバー症候群