後天性表皮水疱症

定義

後天性表皮水疱症は、機械的負荷によって生じる表皮下水疱が瘢痕化して治癒する、慢性、後天性、水疱形成性の疾患である。直接免疫蛍光法で、IgG抗体が真皮-表皮接合部に沿って認められる。本疾患は、多くの場合は中年に始まり、小児では非常にまれである。

同義語

後天性表皮水疱症

イメージ

11 Bilder für diese Diagnose
部位: 足関節, 診断: 後天性表皮水疱症 部位: 肘, 診断: 後天性表皮水疱症 診断: 後天性表皮水疱症 診断: 後天性表皮水疱症 診断: 後天性表皮水疱症 診断: 後天性表皮水疱症 部位: 手, 診断: 後天性表皮水疱症 部位: 手, 診断: 後天性表皮水疱症 部位: 手, 診断: 後天性表皮水疱症 部位: 肘弯曲, 診断: 後天性表皮水疱症 部位: 肘弯曲, 診断: 後天性表皮水疱症