結合組織母斑

定義

皮膚コラーゲン、弾性線維またはムコ多糖類の増加を伴う限局性異常。結合組織性母斑は多くの場合、小児において堅く、わずかに盛り上がったエンドウ豆大の淡褐色の楕円形丘疹の集合として生じ、主に腹部、背部、臀部、上腕または大腿に局在する。単発性に生じるが、ブルスヌヴィーユ-プリングル病のような遺伝性疾患の部分症状として生じることがある。

同義語

結合組織母斑, 敷石状母斑

イメージ

8 Bilder für diese Diagnose
部位: 仙骨部, 診断: ブルヌヴィーユ-プリングル症候群 診断: ブルヌヴィーユ-プリングル症候群 部位: 仙骨部, 診断: ブルヌヴィーユ-プリングル症候群 診断: 結合組織母斑 診断: 結合組織母斑 診断: 結合組織母斑 部位: 足, 足底, 診断: 結合組織母斑 部位: 足底, 診断: 結合組織母斑