レパード症候群

定義

レパード症候群は、皮膚、心臓、内耳、頭部、顔面および性器の構造および機能変化を伴う、極めてまれな、遺伝性疾患である。障害の現れ方は個々の患者によって異なる。LEOPARDは、(L)夏季に発生する黒色または暗褐色の斑である黒子、(E)心電図異常(脚ブロックなど)、(O)両眼隔離症、(P)肺動脈弁狭窄症、(A)性器異常、(R)発育遅延および(D)難聴(内耳難聴または聴覚障害)を示す。さらに、心筋症は高い死亡率を伴うので、心筋症が起こり得ることの認識が重要である。

同義語

レパード症候群, 黒子症候群

イメージ

9 Bilder für diese Diagnose
部位: 頬部, 診断: レパード症候群 部位: 足, 診断: レパード症候群 部位: 手, 診断: レパード症候群 部位: 手, 診断: レパード症候群 部位: 歯, 診断: レパード症候群 部位: 足背部, 診断: レパード症候群 部位: 上背部, 診断: レパード症候群 部位: 下肢, 診断: レパード症候群 部位: 顔面, 診断: レパード症候群