ホフマン中毒性苔癬状黒色皮膚炎

定義

主に長年にわたり化粧品を使用した女性に発現する、顔面およびまれに頚部の斑状、灰褐色の色素沈着。化粧品中のタール誘導体および光化学作用のある成分が誘発剤になると推定される。しかしながら、この皮膚変化は小児、男性および化粧品との接触歴のない患者においても発現することから、栄養その他の因子も関与している。

同義語

ホフマン中毒性苔癬状黒色皮膚炎, Riehl黒色症

イメージ

2 Bilder für diese Diagnose
部位: 前腕, 手背, 診断: ホフマン中毒性苔癬状黒色皮膚炎 部位: 顔面, 診断: ホフマン中毒性苔癬状黒色皮膚炎