新生児性硬腫

定義

基礎疾患のある早産児または乳児に発現する、時に致死性の重症の皮下脂肪組織の硬化を伴う疾患。皮膚は冷たく、大理石様、黄色で、弾力がなく、皮革状に硬化する。乳児は敏活さに欠ける。

同義語

新生児性硬腫

イメージ

2 Bilder für diese Diagnose
診断: 新生児性硬腫 診断: 新生児性硬腫