瘢痕ケロイド

定義

瘢痕ケロイドは、時に皮膚の損傷後に、硬い(derb)帯赤色の、元の傷の上に出た結合組織の増殖として発生する。多くの場合、体幹上部および上腕に生じ、色の濃い皮膚の人に見られることが多い。10~30歳の患者が最も多く罹患する。ケロイドは家族性に頻発することがある。

同義語

瘢痕ケロイド

イメージ

22 Bilder für diese Diagnose
部位: 胸部, 腕, 下肢, 診断: 瘢痕ケロイド 診断: 巨大面ぽう 部位: 胸部, 腹部, 診断: 瘢痕ケロイド 部位: 前腕, 診断: 瘢痕ケロイド 部位: 背部, 診断: 瘢痕ケロイド 診断: 瘢痕ケロイド 診断: 瘢痕ケロイド 診断: 瘢痕ケロイド 診断: 瘢痕ケロイド 部位: 肩部, 診断: 集簇性痤瘡 診断: 瘢痕ケロイド 診断: 瘢痕ケロイド 部位: 耳垂, 診断: 瘢痕ケロイド 部位: 耳垂, 診断: 瘢痕ケロイド 部位: 耳垂, 診断: 瘢痕ケロイド 部位: 胸部, 診断: 瘢痕ケロイド 部位: 胸部, 診断: 瘢痕ケロイド 診断: 瘢痕ケロイド 部位: 下顎下領域, 診断: 瘢痕ケロイド 部位: 胸(露出部分), 診断: 瘢痕ケロイド 部位: 胸(露出部分), 診断: 瘢痕ケロイド 部位: 胸部, 診断: 瘢痕ケロイド