持久性隆起性紅斑

定義

持久性隆起性紅斑は、両側性の赤色丘疹および斑により特徴づけられる、白血球破壊性血管炎の1つの型である。最初は病変部は軟らかいが、時とともに堅い線維性となり、軽度萎縮および色素沈着を伴って治癒することが多い。好発部位は、四肢の伸側面である。病因は不明である。

同義語

持久性隆起性紅斑, 小迂回性紅斑, 固定性地図状紅斑, 持続性小迂回性紅斑

イメージ

10 Bilder für diese Diagnose
部位: 手, 診断: 持久性隆起性紅斑 部位: 手, 診断: 持久性隆起性紅斑 診断: 持久性隆起性紅斑 部位: 手, 診断: 持久性隆起性紅斑 部位: 下肢, 診断: 持久性隆起性紅斑 部位: 下肢, 診断: 持久性隆起性紅斑 部位: 指, 診断: 持久性隆起性紅斑 部位: 指, 診断: 持久性隆起性紅斑 部位: 踵, 診断: 持久性隆起性紅斑 部位: 踵, 診断: 持久性隆起性紅斑