凍瘡状狼瘡

定義

凍瘡状狼瘡は、特に先端チアノーゼの場合に寒冷に曝された皮膚部に現れる、円板状エリトマトーデスの変型と考えられる。特に足指および手指に生じる、青赤色、接触過敏性の、しもやけ様結節によって特徴づけられる。しかしながら、踵、腓腹、膝、鼻または耳にも発生する。凍瘡状狼瘡は、円板状エリトマトーデスの2、3年後に生じることが多いが、円板状エリトマトーデスを併発するか、単独で生じることがある。女性が罹患しやすい。

同義語

凍瘡状狼瘡

イメージ

14 Bilder für diese Diagnose
部位: 指, 診断: 凍瘡状狼瘡 部位: 爪周囲(爪), 診断: 凍瘡状狼瘡 部位: 指, 診断: 凍瘡状狼瘡 部位: 遠位指骨間関節, 診断: 凍瘡状狼瘡 診断: 凍瘡状狼瘡 部位: 中足指節関節, 診断: 凍瘡状狼瘡 診断: 凍瘡状狼瘡 診断: 凍瘡状狼瘡 診断: 凍瘡状狼瘡 診断: 凍瘡状狼瘡 部位: 指, 診断: 凍瘡状狼瘡 部位: 指, 診断: 凍瘡状狼瘡 部位: 指, 診断: 凍瘡状狼瘡 部位: 指, 診断: 凍瘡状狼瘡