蛇行状血管腫

定義

通常、小児期に始まる、まれな、特に女性が罹患する、皮膚の細血管の母斑である。まず、血管拡張が起こり、臨床的に赤色の縁をもつ約1 mm大の赤色の点として認められる。病変は多くの場合、鼡径部および両下肢に発現し、数ヵ月から数年以内に徐々に拡大する。

同義語

蛇行状血管腫

イメージ

5 Bilder für diese Diagnose
診断: 蛇行状血管腫 部位: 殿部, 大腿, 診断: 蛇行状血管腫 部位: 下腹部, 診断: 蛇行状血管腫 部位: 臀部, 診断: 蛇行状血管腫 部位: 大腿, 診断: 蛇行状血管腫