coeruleus母斑

定義

深在性のメラニン色素による光反射が青色の色調を生じさせる、メラニン細胞性の病変の一群である。青色母斑は良性で、通常、孤立性に発生する。真皮内でメラニン細胞が増殖するものである。紡錘型のメラニン細胞からなる、暗青色から黒色の、弾性硬の、円形で、境界が鮮明な、結節性の腫瘍である。多くの場合、母斑の部位にメラニン貪食マクロファージおよび線維形成が認められる。

同義語

coeruleus母斑, 青色母斑

イメージ

13 Bilder für diese Diagnose
部位: 腕, 診断: coeruleus母斑 部位: 頭皮, 診断: coeruleus母斑 部位: 前額部, 診断: 太田母斑 診断: coeruleus母斑 診断: coeruleus母斑 診断: coeruleus母斑 診断: coeruleus母斑 診断: coeruleus母斑 診断: coeruleus母斑 診断: coeruleus母斑 診断: coeruleus母斑 診断: coeruleus母斑 診断: 母斑細胞性母斑