蒙古斑

定義

灰青色で斑状の皮膚の変色で、多くの場合、健康な新生児の腰仙骨部および臀部に局在するが、時には背部、肩および側腹部にも現れる。蒙古斑は通常、幼児期に消失する。組織学的に紡錘型メラニン細胞の真皮中央部での集積が認められる。

同義語

蒙古斑, メラニン保有細胞性母斑

イメージ

5 Bilder für diese Diagnose
部位: 仙骨部, 診断: 蒙古斑 診断: 蒙古斑 診断: 蒙古斑 診断: 蒙古斑 診断: 蒙古斑