血因性播種を伴うアレルギー性接触皮膚炎

定義

既に感作された個体において、接触アレルゲンの体内摂取後に発現する皮膚反応。ニッケルおよび水銀などの金属あるいはクロルプロマジン、ナイスタチンおよびアンピシリンなどの薬剤の摂取後に、急性接触皮膚炎が生じる。病巣は、例えば、過去の貼布試験による以前の試験部位などの、以前のアレルゲンと皮膚との接触部位に発現する。

同義語

血因性播種を伴うアレルギー性接触皮膚炎, 血因性接触皮膚炎, 血因性湿疹, 血因性播種を伴うアレルギー性接触皮膚炎

イメージ

5 Bilder für diese Diagnose
部位: 上腹部, 診断: 血因性播種を伴うアレルギー性接触皮膚炎 部位: 仙骨部, 診断: 血因性播種を伴うアレルギー性接触皮膚炎 部位: 殿部, 大腿, 診断: 血因性播種を伴うアレルギー性接触皮膚炎 部位: 口周囲, 診断: 血因性播種を伴うアレルギー性接触皮膚炎 部位: 鼻先, 診断: 血因性播種を伴うアレルギー性接触皮膚炎