結節性黒色腫(NM)

定義

50歳代または60歳代での発病の頻度が最も高い、予後が比較的不良な黒色腫の異型。予後不良は、縦成長に先行する横成長がごく短期である、または全くないことに起因する。腫瘍は、隆起した、帯赤色、帯青色または暗褐色に着色した半球状の丘疹として認められる。出血および潰瘍化がしばしば発生する。

同義語

結節性黒色腫(NM)

イメージ

13 Bilder für diese Diagnose
部位: 歯肉, 診断: 結節性黒色腫(NM) 診断: 結節性黒色腫(NM) 診断: 結節性黒色腫(NM) 部位: 下腿, 診断: 結節性黒色腫(NM) 診断: 結節性黒色腫(NM) 診断: 結節性黒色腫(NM) 部位: 上腕, 診断: 結節性黒色腫(NM) 部位: 上腕, 診断: 結節性黒色腫(NM) 部位: 前腕, 診断: 結節性黒色腫(NM) 部位: 前腕, 診断: 結節性黒色腫(NM) 診断: 結節性黒色腫(NM) 部位: 頭皮, 診断: 限局性白毛症 部位: 大腿, 診断: 表在拡大型黒色腫(SSM)