孤立性肥満細胞腫

definition

通常は幼児に発生し、真皮上層に肥満細胞が密に集積して起こる、赤~褐色または黄色調の小結節。孤立性または多発性に発現する。病変部の機械的摩擦によって膨疹(Darier徴候)、まれに水疱が形成される。病変部を摩擦した後に全身皮膚に潮紅症状が発現することはまれで、内臓は通常、侵されない。皮膚変化は、多くの場合、長期罹患(1~2年)後に自然消退する。

synonyms

孤立性肥満細胞腫

images

5 診断写真 localisation: 胸部, 診断: 孤立性肥満細胞腫 localisation: 耳介後, 診断: 孤立性肥満細胞腫 診断: 孤立性肥満細胞腫 診断: 孤立性肥満細胞腫 診断: 孤立性肥満細胞腫