肢端紫藍症

definition

肢端紫藍症は、過度冷却によって増強される血管運動障害の結果として、手および足に対称性の、様々な強さの特徴的な青色変色を起こす。この際、末梢細動脈は寒冷刺激に対して血管筋組織の不適切な高い緊張をもって反応し、一方、静脈毛細管線維輪は拡張する。通常、他の血管疾患との関連はみられない。新生児においては肢端紫藍症は生理的である。その後、肢端紫藍症は多くの場合、思春期に発症する。成人期に持続、または改善することもある。青色変色は寒冷に曝された後に一時的に生じる、または冬中、時には夏でさえ存在することがある。

synonyms

肢端紫藍症, 先端仮死, 肢端紫藍症

images