進行性着色性紫斑病

definition

シャンバーグ病は、臨床的および組織学的に類似した症候をもつ疾患群である、慢性色素性紫斑の1つとみなされる。この疾患群に、リンパ組織球浸潤および血管外赤血球遊出を伴う毛細管炎によって特徴づけられる、慢性-再発性のシャンバーグ病が含まれる。その最も近い病因および病原因子は明らかでない。特にジアゼパムおよびカルバミドのような薬剤および特定の食品が、可能性のある誘発物質とみなされる。殆どの場合、最初に下腿に、後にその他の外皮に、対称的な、紅褐色の、不規則な斑が、小さい、胡椒状の、点状出血を伴って発生する。

synonyms

進行性着色性紫斑病, シャンバーグ病, Adalin紫斑病, 進行性着色性皮膚症

images

1 診断写真 localisation: 下肢, 診断: 進行性着色性紫斑病