リーシュマニア症

definition

局所性の皮膚リーシュマニア症は、通常、顔面および四肢のように保護されない皮膚面に生じる、最も多くみられる型である。60%を超える罹患小児は1病巣のみをもつが、拡大した潰瘍および多発性病変も発生することがある。2週から12ヵ月の潜伏期をおいて初めて、寄生虫の侵入部位に軽度炎症が発現し、そこから丘疹、結節または斑が生じる。本疾患は、リーシュマニア属の全一連の原虫によって誘発される。多くの場合臨床的に主要な型を識別でき、これらに、限局性、びまん性、皮膚粘膜および内臓リーシュマニア症が含まれる。

synonyms

リーシュマニア症

images

6 診断写真 localisation: 頬部, 診断: リーシュマニア症 診断: リーシュマニア症 診断: リーシュマニア症 診断: リーシュマニア症 診断: リーシュマニア症 診断: リーシュマニア症