光毒性接触湿疹

definition

光毒性接触湿疹は、光に曝露後に光化学的に起こる、日焼けに類似した非免疫性の炎症性皮膚反応である。発赤、浮腫および水疱形成を起こす。原因となる光増感剤は、UV照射に対する感受性を増大させる物質である。光増感物質は、そうでない場合は日焼けせずに耐えられる線量で、日焼け様の皮膚炎を生じさせる。内因性(Pophyrineなど)、外因性(エオシン、タールなど)に皮膚に達する増感剤および経口または非経口的に摂取される光増感剤(薬剤など)がある。頻繁に光毒性反応を起こす薬剤はテトラサイクリン、フェノチアジン、グリセオフルビンおよびDarcarbazinである。

synonyms

光毒性接触湿疹, 光接触皮膚炎, 光毒性皮膚炎

images

6 診断写真 localisation: 手背, 診断: 光毒性接触湿疹 localisation: 指, 手指趾間部領域, 診断: 光毒性接触湿疹 診断: 光毒性接触湿疹 localisation: 顔面, 診断: 光毒性接触湿疹 診断: Phytophotodermatitis, 光毒性接触湿疹 診断: Phytophotodermatitis, 光毒性接触湿疹