非定型抗酸菌症

definition

非定型マイコバクテリアによる感染症。頚管腺炎は5歳未満の小児で最も多い非定型マイコバクテリア症である。慢性経過の感染においては、感染したリンパ節上の皮膚が硬化して暗調から紫色に変色する。Mycobacterium marinumによって起こるプール肉芽腫などのその他の非定型マイコバクテリア症は、先端に局在する青藍色の潰瘍になることがある、小結節および結節として認められることが多い。非定型マイコバクテリアに含まれるのは、M. kansasii(Kansas)、M. marium、M. scrofulaceum、M. flavescens、M. gordonae、M. obuence、M. gilvum、M. duvali、M. azulgai、M. intracellulare、M. xenopi(littorare)、m. ulcerans、M. buruli、M. terrae、M. fortuitum(minetti, giae)、M.chelonaeである。

synonyms

非定型抗酸菌症

images

19 診断写真 localisation: 手首, 診断: 非定型抗酸菌症 localisation: 前腕, 診断: 非定型抗酸菌症 localisation: 前腕, 診断: 非定型抗酸菌症 localisation: 前腕, 診断: 非定型抗酸菌症 localisation: 手背, 診断: 非定型抗酸菌症 localisation: 手背, 診断: 非定型抗酸菌症 診断: 非定型抗酸菌症 診断: 非定型抗酸菌症 診断: 非定型抗酸菌症 診断: 非定型抗酸菌症 localisation: 手背, 診断: 非定型抗酸菌症 診断: 非定型抗酸菌症 診断: 非定型抗酸菌症 診断: 非定型抗酸菌症 診断: 非定型抗酸菌症 診断: 非定型抗酸菌症 診断: 非定型抗酸菌症 診断: 非定型抗酸菌症 診断: 非定型抗酸菌症